7月5日(金)、千葉市中央区のプラザ菜の花において「平成25年度測量業務における入札契約手続きの概要(総合評価落札方式)説明会」を開催しました。

小安会長挨拶(写真)に引き続き、国土交通省関東地方整備局技術管理課の永江浩一郎課長補佐、甲田知正技術審査係長を講師として、以下の説明が行われました。

20130705cspa00

1) 近年の入札契約状況
2) コンサルタント業務等の入札契約制度の概要
3) 関東地方整備局の入札・契約等の取り組み
4) コンサルタント業務等の総合評価落札方式について
5) 建設コンサルタント業務の評価の標準
6) 品質確保対策について
7) その他の留意事項について

20130705cspa03  20130705cspa01
(写真左:永江課長補佐、右:甲田係長)

ご説明いただいた関東地方整備局における低入札防止と品質確保の取り組み、測量業務への実施方針確認型総合評価方式の全面的な導入、地域業者が参加しやすくする方式の試行等について敬意を表するとともに、さらなる改善を要望するものです。
また、実施方針確認型総合評価落札方式における技術提案書の書き方はたいへん参考となりました。

20130705cspa02

会員はじめ県内で測量業を営む者から40名が参加しました。