活動方針

●ちば測協の中期計画

当協会は、県土の発展と業振興に寄与することを目的に、地域社会に信頼され評価される事業活動の指針として、長期的展望のもとに基本計画を策定し、円滑かつ効率的で継続性ある事業活動を行っています。

  • 第8次5か年計画 県民の安全・安心を支える地理空間情報産業を目指して
  • 第7次5か年計画 未来をひらく元気な測量設計業協会を目指して
    第6次5か年計画 県民の視線に立った測量設計業を目指して
    第5次5か年計画 21世紀に翔く技術産業を目指して
    第4次5か年計画 新時代に翔く技術産業を目指して
    第3次5か年計画 活力と魅力に満ちた知識産業を目指して
    第2次5か年計画 県民のための協会を目指して
    第1次5か年計画 地域社会のためになる協会を目指して

※最新の第8次5か年計画全文は、ニュースの情報公開カテゴリに掲載しています。

 

●ちば測協の平成29年度活動方針

測量設計業は、社会資本整備の入口の段階において、各種事業の安全性、経済性向上のために必要な基本的情報を提供するだけでなく、社会インフラの最終的な維持管理を含め建設生産システムの上流から下流まで幅広い範囲で品質を確保する上で大きな役割を果たしています。
しかしながら、現在、就業者の高齢化や若年層人口の減少等に直面しており、将来における担い手の確保や知識・技術の承継が大きな課題となっています。
このような中、当協会では平成28年度に策定した第8次5か年計画のメインテーマである「県民の安全・安心を支える地理空間情報を目指して」を実現するため、技術の研鑽、経営の改善など、業界としてのあるべき姿を見据えつつ、公益性重視の視点での取り組みが必要であると認識しています。
平成29年度は、第8次5か年計画の2年目であり、安全・安心な県土づくりなどに少しでもお役に立てますよう、引き続き公益事業を中心として事業展開を図ってまいります。
また、当協会が平成29年2月に設立40年を迎えたことから、これを契機として会員が英知を結集し、測量設計業界の発展に貢献するため、設立40周年記念式典の開催、40周年記念県民講座などの記念事業を実施します。

主な公益事業は次のとおりです。
1.  広く県民の皆様に測量設計業にご理解いただくことを目的とした「ちば測協第6回県民講座」を40周年記念県民講座として開催
2.  次世代の技術者の人材育成を図るために行う高等学校測量実習の実施
3.  子どもたちの測量や地図づくりへの関心を高めるための小学生向け測量体験学習の実施
4.  優れた人材を確保するため、将来的な産学協同も視野に入れた大学生を対象にした測量講座等に関する調査研究
5.  測量設計業振興のためにする、新分野としての地理空間情報活用等に関する調査研究及び研修の実施
6.  社会資本整備の基礎を担う測量設計業務の品質を高め、技術と経営とに優れた業界となるため、全ての測量設計業に従事する者及び測量設計業を営む者を対象とした各種研修の実施
7.  測量設計業に対する県民の理解を得るための「ちば地図展」の開催
8.  県民測量無料相談所の開設と活用の促進
9.  県をはじめとする公共事業実施機関及び測量計画機関に対する、県民の安全安心のための事業提案等の要望活動及び意見交換会の実施
10.  当協会の公益活動及び会員の情報を適確に紹介するための各種広報活動
11.  地籍調査推進事業など測量設計業振興のための各種調査研究とその結果の公開

※詳細な事業計画は、毎年度総会承認後、ニュースの情報公開カテゴリに収支予算とあわせて掲載します。