測量業は、公共工事の一環として、社会資本整備の担い手であると同時に、災害時には最前線で地域社会の安全・安心の確保を担う「地域の守り手」として、その社会的使命を果たしていく必要があり、「新型コロナウイルス感染症対策の基本的方針(令和2年5月14日変更)」(以下、対処方針)において、公共工事は社会の安定の維持の観点から、緊急事態措置の期間中にも、継続を求められる事業として位置づけられています。
 また、対処方針においては、国民の安定的な生活の確保の観点から、インフラ運営関係(電力、ガス、上下水道等)、家庭用品のメンテナンス関係(配管工・電気技師等)等の事業者について、自宅等で過ごす国民が、必要最低限の生活を送るために不可欠なサービスを提供する関係事業の事業継続を要請するとされており、公共工事以外の建設工事についてもこれらの事業の継続のために必要な工事については継続することが求められるものと考えられます。
 今後、完全な感染症の終息までの期間が長期にわたることを考えると、一層感染防止のための取り組みを進め、新型コロナウイルス感染症のまん延を防止していく役割に加え、事業を通じた国民生活への貢献拡大という役割が求められます。
 公益社団法人千葉県測量設計業協会の会員の皆様は、測量等の現場やオフィスにおいて、会員企業の実状に合わせ、現場等の様態等を考慮した創意工夫を図りながら、新型コロナウイルスの感染予防に取り組むよう努めてください。

 建設関連業に特有な留意点等について、一般社団法人全国建設業協会が策定した「感染症対策の実践」が、これらの取組に参考となると考えますので紹介いたします。

「地域建設業における建設現場の新型コロナウイルス感染症対策の実践」の改訂について(熱中症に対するリスク軽減対策の追加)

また、一般社団法人日本建設業連合会が策定した「建設業(建設現場)における新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン」も同様に参考としてください。

「建設業(建設現場)における新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン」の策定について

なお、国土交通省における感染症対策及び他の業界団体の感染拡大防止マニュアルが下記ページから閲覧できます。これらについても必要に応じてご参照ください。

新型コロナウイルス感染症に関する国土交通省の対応
国土交通省所管業種ごとの感染拡大予防ガイドライン一覧

その他、下記のページにも最新の情報が掲載されていますので、定期的に参照してください。
厚生労働省「新型コロナウイルス感染症について」
千葉県「新型コロナウイルス感染症の対策について」