今年の県民講座は、「千葉の来し方、日本の行く先」と題して11月15日(火)の13時30分から、千葉市文化センター3階のアートホールで開催します。

【基調講演】 これからの日本の進むべき道 ―建設産業の健全な発展が日本を強くする―
講師:前参議院議員・元国土交通省近畿整備局長 脇 雅史 氏
この20年間、我が国は間違った政策・世論形成により防災や経済発展に必要な社会資本整備を怠ってきました。建設産業を元気にすることが、実はデフレ脱却の鍵を握っていることをわかりやすく解説します。

【特別講演】90分で早わかり ―江戸と千葉と伊能忠敬―
講師:落語家・伊能忠敬研究家 桂 右女助 師匠
江戸の政治や経済を支えていたのは実は千葉だったという話を中心に千葉と江戸との関係と、測量の先達で郷土の偉人「伊能忠敬」先生の生涯とについて楽しく学びます。

千葉市文化センターの地図はこちら

チラシは以下からご覧(ダウンロード)いただけます。

PDF
県民講座チラシ(PDF)
jpeg
県民講座チラシ(表)
県民講座チラシ(裏)