ちば測協出演(?)ニコニコ超会議2017

ちば測協では、4月29日・30日の両日、ニコニコ超会議2017の「笑点の座布団積み上げギネス世界記録™挑戦」コーナーに計測担当及び記録証人として参画しました。

日本テレビの人気番組「笑点」と一緒に座布団で世界ギネス記録™を狙うというこの企画は、計測の正確性と記録の確実性が求められ、当協会にその依頼がありました。
29日は林家三平師匠、春風亭昇也さん、柳家わさびさん、30日は鈴々舎馬るこ師匠と山田隆夫氏(笑点の座布団運んで33年!)とともに、参加者の積み上げる座布団の高さをトータルステーションを用いて計測しました。
30日にはニコニコ動画生放送も行われ、林家木久扇師匠に加え、小林幸子さん(ラスボス)も登場し、大いに盛り上がりました。


29日、奥のオレンジベストが証人を務める古里副会長。
その上、3mの高さのイントレ(舞台・イベント用の足場)にいるグリーンジャンパーが計測担当者(株式会社横打)。
手前の着物後姿は林家三平師匠。


30日、右上、イントレの上で計測をする担当者(空間情報サービス株式会社)。


イントレの下では、計測した記録の入力作業中(空間情報サービス株式会社)。


めったに見られない光景、林家木久扇師匠・小林幸子さんと共演する横打副会長。

残念ながら、基準記録の2m50cmには届かず、ギネス記録の認定はなりませんでしたが、司会者・出演者からは、「計測は測量のプロであるちば測協」、「普段は道路や橋をミリ以下の正確さで計測している千葉県測量設計業協会」と挑戦のたびにご紹介いただき、また、小林幸子さんからは「あの人たち何してるの???」との問いも。
会場の観覧者の皆様から大きな拍手を頂戴するなど、業界のPRに大いに役立てたものと考えています。
このような機会をいただいた、角川アスキー総合研究所様、ドワンゴ様、日本テレビ笑点出演者並びにスタッフの皆様に感謝いたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加